自閉スペクトラムの子どもたちと、その子どもたちを支える大人に知っておいてほしい『性』のお話
2018 / 02 / 23 ( Fri )
2017/12/16(土)に、ペック研究所よこはま発達クリニックの吉田友子先生を講師としてお招きして、
「自閉スペクトラムの子どもたちと、その子どもたちを支える大人に知っておいてほしい『性』のお話」講座を開催しました。

20171216_応援団1

自閉スペクトラムのこどもはビックリするほど性に関することを知らないこともあるそうです。
講座では、吉田先生が具体的にわかりやすく教え方の例を示してくださいました。

こどもによって理解や捉え方が様々なので、本人がどのくらい準備ができているかなどを考慮して個別にカスタマイズして教える必要があるそうです。
性に関する知識がなかったり誤解して理解していることで思わぬ失敗をしてしまわないように、男の子にも女の子にも正しい知識を教える必要があります。

自分の身体を守ることも、言葉できちんと伝えて教えた方が良いことも勉強になりました。
大人が当たり前と思っていること、自然に理解するだろうと思っていることが抜け落ちてしまうのが自閉スペクトラムのお子さん。ひとつひとつ丁寧に教えていく必要があるのです。

20171216_応援団2


当日は14時開始の予定でしたが、JRが架線断線の影響でお昼前から広範囲で運転見合わせとなってしまいました。
講師の吉田先生も開始には間に合わない事態となってしまい、急遽開始を15:30とさせていただきました。
講座を受講してくださった方々には大変ご迷惑をおかけしてしまい申し訳ありませんでした。
みなさまの温かいご協力のおかげで、何とか無事開催することができました。

また、延長で会場を使わせてくださった農協ビルの方、講演後の予定を調整してくださった吉田先生にも感謝です。

たくさんの方々のご協力で成り立ったミラクルな講座となりました。

10 : 19 : 16 | その他啓発事業 | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>