第2回発達性ディスレクシアの集い
2016 / 10 / 17 ( Mon )
2016/08/28(日)茅ヶ崎地区コミュニティセンターで、バオバブの樹主催の第2回発達性ディスレクシアの集いを開催しました。
20160828_P8280620.jpg

本集いは、中学生、高校生に成長して自分の特性を理解して表現できるようになった発達性ディスレクシア当事者たちと、発達性ディスレクシアで苦労しているこどもたち(小学生)の交流の場を作ることで、ディスレクシアのこどもたちに文字で苦労しているのは自分たちだけではないと共感し、そこから、ディスレクシアと共にどう生きていくかを考える力をつけて言ってもらうことを目的としています。
20160828_P8280629.jpg



◆◆◆文部科学省の再現ドラマを観て、自分の体験を語ろう!◆◆◆
最初に、文部科学省が制作した発達性ディスレクシアについての再現ドラマ動画を見ました。
主人公で読み書きが苦手なたかしくんが授業でつらい思いをしているシーンを観て、お兄さんたちが自分の体験を話してくれました。音読の宿題、テスト、すべて読み書きが必要です。その後、こどもたちはそれぞれ自分たちを振り返り、自分の体験を話しました。こどもたちが自分の体験を話している間、親は自分のこどもの様子を話し合いました。
20160828_P8280654.jpg
20160828_P8280647.jpg


動画の中で、「板書は丁寧に、チョークの色を変える、漢字の各パーツを音声言語化する」などの工夫を聞いて共感できたこどもたちもいました。
また、「宿題はノートに書いてくるもの、という先入観がありますが、それ以外の方法もあります。今はまだ一般的ではありませんが、宿題をICレコーダーなどで録音するなど、電子機器を使って工夫することもできます。」と聞いて、希望をもったこどもたちもいました。


◆◆◆音楽タイム◆◆◆
自分の体験を振り返った後は、音楽でリフレッシュです。
音楽は心を癒してくれます。
20160828_P8280696.jpg

音楽を教えてくれるのは、HappyMuse(はぴみゅーず)から来てくれた松田先生をはじめ5名のみなさんです。
HappyMuseは、フィギャーノート(Figurenotes)というフィンランドで開発された楽譜の普及を推進している会です。
20160828_P8280701.jpg

最初はウォーミングアップに音楽に合わせて身体を動かしました。跳んだり跳ねたりぐるぐる回ったり、みんな楽しそうでした。
20160828_P8280718.jpg

いよいよフィギャーノートが出てきました
フィギャーノートは、音程を色で区別し、音の長さを線の長さで表しているので、楽譜を読めない人でも楽器を演奏することができます。
20160828_P8280697.jpg
20160828_P8280770.jpg

トーンチャイムを使い、みんなで「小さな世界」を演奏しました。それぞれ自分のもっているトーンチャイムと譜面の色が同じ時に鳴らせば良いので、とてもわかりやすいです。音を止めるには、先を押さえれば止まります。きれいな音色にこどもたちは大喜びです。
20160828_P8280777.jpg
20160828_P8280826.jpg

次に鍵盤ハーモニカやリコーダーでフィギャーノートの体験をしました。HappyMuseの人が個別にフィギャーノートでの演奏の仕方を教えてくれました。
20160828_P8280847.jpg



◆◆◆お兄さんたちへの質問コーナー!◆◆◆
最後は、お母さん、お父さんから、お兄さんたちへの質問コーナーです。
20160828_P8280877.jpg


◆ QUESTION ◇◆◇◆ ANSWER ◇◆◇
どういうふうに英語の勉強した?・ 聞いて内容を理解したり、ゲームで覚えたりした。でも書くのだけはどうしても苦手だった。(18歳男子)
・ 提出物だけは頑張って書いた。(中3男子)
・ 形で覚えた。(高2男子)
こども(小学生)が、頭の中に消しゴムがあると言うのですが・・・。どう工夫したら良いでしょうか。・ 1つのことに集中しているときに、後でいいからこれやって、と別のことを言われると忘れてしまう。メモを取って、携帯でアラームを2回ならしたりして忘れないように工夫している。(18歳男子)
・ 小学校のときは、電気つけっぱなしでよく怒られた。けど、今はたまに扇風機つけっぱなしだけど、出る前に忘れていることないかチェックできるようになった。(中3男子)

・ 忘れん坊タイプと忘れないタイプがいます。持ち物の忘れ物が多い子もいれば、言われたことを忘れてしまう子もいます。成長とともに自分で工夫できることも増え、忘れ物が減っていく場合も多いです。(沖村先生)
うちの子は、19歳になって初めてディスレクシアだとわかった。「今までつらいのに頑張ったね」と言ってあげた方がよい?・ ショックで自分の中で整理できない。でも、文字がつらいって思っていたのが、理由がわかりほっとする部分もあると思う。(18歳男子)

・ ずっと自分の努力が足りないからと思っていたかもしれません。「どうせバカだからできない」出会った時にそんな表現をする子は結構います。でも理由がわかり、最初は混乱しても、理解して前に進めるようになることも多いです。(沖村先生)
日常生活で困ることはありますか?・ 日常生活では書類系が大切。名前だけじゃなくて住所も書かなきゃいけないものが多い。今でも住所まで書くときは緊張する。メモをとれ、と言われてもかけないので暗記する。でも途切れ途切れになる。(18歳男子)
・ 郵便局でハンコがないときにサインしようとしたが、パニくった。(高2男子)
苦手なことはありつつ、でも頑張れるようになるには、どんな経験、出会いが必要?・ 周囲の理解、専門家のサポートだけじゃだめ。一番大事なのは自分で自分のことを理解していくことだと、Fくんが話してくれました。そういう風に周りがサポートすることが大切です。(沖村先生)

・ 自分のことを理解できないと、周りがこれをやろうと与えてもやる気にはなれない。まずほぐすことが必要。(18歳男子)
・ 自分を理解してくれる人がいると、気が楽になってやる気が出てくる。(中3男子)



09 : 02 : 00 | 啓発事業 | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>