ユニバーサルデザインを意識した学級経営
2015 / 09 / 13 ( Sun )
障害のあるこどもと障害のないこどもが、同じ場で共に学ぶことを目指すインクルーシブ教育。その実現のために、小学校、中学校の通常学級では、ユニバーサルデザインを意識した学級経営や授業づくりが求められています。全てのこどもにとって安心して楽しい学校生活を送ることができる学級経営をするためには、どのようなことを意識したら良いのでしょうか。
苦手のあるこどもが、実際に配慮してもらって助かった実例を挙げてみます。
「書き」が苦手・・・
授業中、先生の話しを聞きながらノートを取るのが大変!
◆授業中、ノートをとるための時間を作ってくれています。
読み書きが苦手な子にとって、先生の話しを聞きながらノートを取るのは至難の業です。毎時間、先生の話を聞くときは「聞く」ことに集中させて、後で「書く」時間を作ってくださる先生がいます。読み書きが苦手でない子にとっても、聞きながらノートを取っていると、理解が薄くなる場合もあります。クラス全体で、先生が話すときは「聞く」ことに集中させ、ノートをとるときは「書く」ことに集中させる、そうすることによって、クラス全体で授業に対する理解が深まっていくことでしょう。
「読み」が苦手・・・
テストやプリントを読むのに時間がかかり、読み間違えも多い。
◆通常のテスト、プリントの他に、大きな文字で行間が広いテスト、プリントを用意して、好きな方を選べるようにしてくれています。
読みが苦手なこどもにとって、大きな文字で行間が広く印刷されている方が見やすいことが多いです。文字が大きなプリント、普通のプリントの2種類を用意して、どちらを使うか、こどもが選べるようしてくださっている先生がいます。
人前で話すのが苦手・・・
誰かに話しかけるだけでも緊張してしまう。発表がある日は学校を休みたい!
◆本人の希望を聞きながら、小人数から慣らしていってくれています。
人から注目を集めることや失敗することに強い不安を感じるこどもがいます。単なるあがり症と決めつけないでほしいです。社交不安障害などの精神疾患の可能性もあり、無理に人前に立たせることでトラウマになってしまう場合もあります。
発表が苦手な子のために、最初は少人数グループ内での発表や、友達と一緒に発表させる、などの考慮をしてくださっている先生がいます。
どういう発表形態ならばチャレンジできるか、本人の希望を聞き取りながら、少しづつできる範囲で慣らしていくようにしてくださっているおかげで、子どもたちの可能性が広がっていきます。
音楽のリコーダーや歌が苦手・・・人前で何かするのも苦手だし・・・
音楽のリコーダーや歌のテストでみんなの前で一人で歌ったりリコーダーを吹いたりするのは、とても苦痛!
◆テストの方法を工夫してくれています。
発達障がいのこどもは、リコーダーや歌が苦手な子が多く、みんなの前で一人で苦手なことをやらなければならない、リコーダーや歌のテストは苦痛を伴います。
いきなりみんなの前ではできない子のために、最初は先生と1対1でテストをしてくださった先生がいます。先生と個別のテストで対応してもらったおかげで、徐々にみんなの前でできるようになっていった例もあります。また、やりたい人からテストをして、終わった人は先に音楽室から教室に帰っていいという方法にしてくださった先生もいます。そのおかげで、苦手な子たちは最後の方に、少ないギャラリーの中でテストをすればよくなり、緊張が高まらずに済んで助かっています。
テストの方法を工夫してくださっているおかげで、「全くできない」と思い込んでいたこどもたちは、「テストを受けられた」という達成感が得られ、自信につながっていきます。


こどもたちはとても敏感で繊細です。個別対応でサポートしてもらうのは、友達から「なんでお前だけ」と言われるのがイヤで拒絶してしまうこともあります。サポートするときは、クラス全体で、全員の子に選択肢を与えてもらえると、サポートを受けやすくなります。
こどもによって苦しんでいることは様々で、サポート方法もその子に合ったサポート方法はそれぞれ違います。どうしていったら良いか、すぐには答えはでませんし、これが正解という解答もありません。本人の気持ちを一番尊重しつつ、学校の先生方、支援の方々、保護者、みんなでそのこどもに合ったサポート方法を考えていけたら良いですね。


スポンサーサイト
22 : 59 : 05 | バオバブの母のつぶやき | page top
| ホーム |