品川裕香さんに教えていただきました!
2016 / 07 / 27 ( Wed )
6月17日、
バオバブの樹では、品川裕香さんを招いてママ勉強会と「こどもの応援団になろう!」講座を行いました。
品川裕香さん、恥ずかしながら私はそれまで認識がなかったのですが、
素晴らしい知見を持った教育ジャーナリストさんでした!

【「こどもの応援団になろう!」のチラシに使ったご紹介文】
講師紹介:品川裕香氏 
教育ジャーナリスト。扶桑社の編集者を経て独立。いじめ、不登校、虐待やADHD, LD, ASDなどの特別支援教育、矯正教育に詳しく、第一次安倍内閣福田内閣の教育再生会議委員や、中央教育審議会専門委員も務められました。国際ディスレクシア協会会員で、日本の発達性ディスレクシア研究会の理事でもあります。


本当に素晴らしい講演会で、
目からウロコ、と言いますか、ずっともやもやしていたことがスッと晴れて、
あしたからの視線がピッと定まった感じでした。

私には、ずっと心の奥底で引っかかっている事がありました。
困難を抱えている子どもを育てていると必ず言われる、
「その子自身を認める」
「無理をさせない」
という言葉。
困難を抱えている子どもですから、苦手なこと、できない事が山ほどあります。
急な変更が苦手、たくさんの人混みが苦手、漢字を覚えるのが苦手、
苦手なことが目の前にあるとすごく不機嫌になる、
不機嫌になると人のことばが耳に入らない。
英語ができない、自転車に乗れない、へんてこりんな走り方をする…

自転車や走り方はともかく、そして最悪英語は目をつぶるとしても。
他の事って、今のまま置いておいていいんだろうか…
子どものうちはいいけれど、大人になったらやばいんじゃないだろうか…
でも、できないというその子自身を認めなくてはならないし、ムリはさせられないんだから…

しかし、品川さんはおっしゃいました。
障害があろうがなかろうが、社会に出るためには必要なことがある。
身に付けなければならないことがある。
要はそれを、その子に合ったやり方で教えてあげられるかどうかだ、と。

目からウロコ、ボロボロボロ。
そういう事だったのか―。

「その子自身を認める」というのは、苦手も含め、その子の在り方をそのまま受け入れる、という事。
でも、野生動物じゃないんだから、そこから成長する事は必要。学んで進化していくことはとても大切。
その子自身を認める、という事は、「今のままでいい」という意味ではなかったのです!

そして「無理をさせない」という事は、
「その子に合った学びの仕方を考える」ということ。
品川さんは、話して分からなければ、書いてみたり体を動かしてみたりしましょう、とおっしゃいました。
例えば漢字。
私は自分がしてきた学び方=何度も繰り返し書く、から発想がなかなか伸びませんが、
クリエイティブなお母さんや先生方は、象形文字から入ってみたり、
偏とつくりを分けてクイズみたいに考えてみたり、
踊ってみたり、歌ってみたり、されていますよねー。
そういう工夫を怠ってきたのは私。
「この子には限界があるんだから」「無理をさせたらかわいそう」
そんな言葉で逃げてたなー、と思ったわけです。

勉強に関してはもちろん、もっと大事なのは社会ルールを守ったり、
常識的な行動をとれたりする事。
これもまた、待っていては何も変わらないわけで…
子どもにとって入りやすい方法で入れてあげないと。
子どものときは、ちょっと変わっているけど可愛い、で済むことも、
大人になったらただの変な人、ですもんね(^_^;)

そんな時、つくづく頼りになるのが沖村先生をはじめとする専門家。
ちゃんとしたアセスメントに基づいて、子どもたちが一番つらくない方法を考え抜いてくださっている事に、本当に感謝感謝です。


なんだよ、あたり前の事じゃないか、という突込みの声がアチコチから聞こえてきそうですが、
そんなあたり前のことをきちんと教えていただいた、
素晴らしい講演会でした!!

スポンサーサイト
01 : 01 : 57 | バオバブの母のつぶやき | page top
ほのぼのサロン 6月
2016 / 07 / 02 ( Sat )
6/24(金)にほのぼのサロンを開催しました。

ほのぼのサロンは、非会員の方を対象とした相談窓口です。
「こんな状態だけど療育が必要?」「こんな時、先輩ママはどうした?」など、気軽に相談していただけます。
(お子さん連れもOKです)

毎回少人数でゆっくりとお話しできるようになっています。
今回の参加者は5名でした。参加いただいた皆さんの質問に、言語聴覚士の沖村からは専門家としての観点から、ママスタッフからは自分の子どもの小さい頃を思い出しながら、お話しさせていただきました。

次回は、9/23(金)です。参加ご希望の方は、メールでお申し込みください。


23 : 11 : 41 | ほのぼのサロン | page top
| ホーム |