たねさんイベント
2015 / 07 / 26 ( Sun )
今日はたねさんイベントです。
P7260048.jpg

講師は陶芸家の我妻珠美さんです。我妻珠美さんがたねさん(陶のオブジェ)を用意してくれました。こどもたちは、思い思いの顔を書いて自分だけのたねさんを作ります。
たねさん最初


たねさんの家族や友だちや仲間も作れるように、バオバブの樹のママスタッフたちが作った、紙粘土たねさんもいっぱい用意してありました。
P7260025d.jpg


バオバブの樹のイベントは、こどもたちが楽しくイベントに参加できるように、こども一人につきサポートスタッフが基本的に一人つきます。サポートスタッフは、中学生、高校生、大学生などの学生さんや、言語聴覚士を目指している学生さんがボランティアで協力してくれました。
作業風景


最初にガチャを引きました。 ガチャの中身はたねさんです。ガチャは、小さい子から引き始めました。幼稚園の年少さんから順番に引いて、中学生まで引きました。サポートスタッフも引きました。
P7260005.jpg
P7260028.jpg


その次に、顔を書いてたねさんに命をふきこみます。まず紙に練習して、その後に、紙粘土たねさんに顔を書きます。
P7260121.jpg
P7260128.jpg


そして、いよいよたねさんにも顔を書きます。さまざまなたねさんができ上がりました。
P7260145.jpg
P7260149.jpg

P7260077.jpg
P7260111.jpg

たねさんず

たくさんのたねさん


昼食後は、ブランコや滑り台、家など、たねさんで遊ぶものを作りました。
そこで再びガチャ登場!今度はたねさんではなく、たねさんにかぶせるものや、作った家に飾ったりする装飾品が入っていました。
P7260178.jpg
P7260249.jpg


みんな工夫を凝らして、バラエティーにあふれる作品が出来上がりました。
P7260172.jpg
P7260302.jpg

image1_shitane.jpg
P7260214.jpg

P7260239.jpg
遊んでいるたねさん

P7260309.jpg
P7260254.jpg


粘土コーナーもありました。そこではたねさんの元となる粘土をこねてたねさんの形を作ります。中に空気が入っていると、焼くときに割れてしまうので、空気が入らないように気をつけなければいけません。
粘土まとめ
たねさんは、「上耐熱土」という土鍋で使われているのと同じ土でできています。この粘土を100gきっかり切り取って、たねさんの形を作ります。本物のたねさんはここから1週間乾燥させ、窯の温度を1230度まで上げて16時間焼いて作っているそうです。水分が残っていると、焼いている間に水蒸気爆発を起こしてしまうそうで、厚みのあるたねさんをしっかり乾燥させるのは大変です。
今回は窯で焼くところまではできませんでしたが、焼くと2割くらい縮むそうで、粘土のたねさんは焼いて出来上がったたねさんより少し大きかったです。

最後はたねさんの撮影会です。たねさん大集合!
P7260329.jpg


スポンサーサイト
19 : 39 : 08 | 親子イベント | page top
| ホーム |