ちがさきサポセン★ワイワイまつり
2015 / 03 / 24 ( Tue )
バオバブの樹のグループ療育の一つに、夢色商店があります。小学校高学年から中学生のこどもたちが集まって月に1回ワークショップを行い、企画について話し合い、準備を行います。今回の企画は、ちがさきサポセン★ワイワイまつりに模擬店を出店することです。将来の自立に向けて、こどもたちに小さな社会体験をさせるのが目的のこの取り組みは、今年で2年目になります。

3月7日、いよいよサポセンワイワイまつりの当日です。
P3070339.jpg


P3070342.jpg


その日はあいにく朝から雨でした。
P3070340.jpg


P3070343.jpg


バオバブの樹では、綿あめと猫のお手玉とお菓子すくいをやってました。
こどもたちは小3~中3までの全部で14人です。そこに保護者15人、サポートスタッフ4人、取材班2人が加わって運営しました。途中で茅ヶ崎リハビリテーション専門学校の学生が2人きて手伝ってくれました。
こどもたち、保護者、サポートスタッフは、それぞれ4つのグループに分かれてシフトを組んで交代して担当していました。グループは、綿あめ担当、猫のお手玉担当、お菓子すくい担当、そして広報の4つです。広報は、「買いに来てください!」と看板を胸に下げて、宣伝する係りです。
P3070352.jpg

綿あめ
P3070347.jpg

P3070361.jpg

P3070375.jpg

P3070394.jpg

お手玉
P3070365.jpg

P3070378.jpg

お菓子すくい
P3070348.jpg

P3070372.jpg

P3070385.jpg

P3070386.jpg

広報
kouhou.jpg


お昼前には何とか雨もあがり、お祭りらしくなってきました。
P3070403.jpg

お子さんに関わった、幼稚園の先生、学校の先生、地域の方、お友だちなどが応援に来てくれ、大盛況になり、おかげさまで、綿あめ、お菓子すくい、猫のお手玉すべてが完売しました!こどもも大人もみんな、ものすごく達成感が得られました。
P3070399.jpg


こどもたちに感想を聞いてみました。
 今日は雨だから、お客さんが少ない。でも晴れたら綿あめが大変なことになるのでちょうどいいかな。といっていました。
昨年も夢色商店で出店したのですが、その時は晴れて綿あめが長蛇の列になって大変だったのです。

他にもこんな感想がありました。
 すごく楽しかった 来年も参加したい。
 綿あめが顔に付いて嫌だったけど、楽しかった。


とても寒くて疲れたけど、みんな楽しそうでした。社会を知る小さな一歩になった有意義な時間でした。


スポンサーサイト
12 : 10 : 00 | グループ活動 | page top
| ホーム |