バオバブ キャンプ 2017
2017 / 08 / 13 ( Sun )
2017年7月31日~8月1日に滝沢園でキャンプをしました。
P7310286.jpg


11時半に集合でした。みんな時間どうりに来てくれました。また、講師として以前の記事でも紹介した セルズ 環境教育デザイン研究所の西海太介さんにもお越しいただき、森にすむ生物について、詳しく説明してくれました。
P7310287.jpg


11時半になると、まず今回いろいろなことを教えてくれる3人の先生が自己紹介をしてくれました。白濱先生、高橋先生、そして、前にも書いた西海先生です。それぞれ、植物、昆虫、鳥とそれぞれ担当を分けて教えてくれました。
P7310311.jpg


自己紹介の後、あらかじめ決めておいた4~5人の班でまとまって、まず、みんなで一緒に滝沢園の中を簡単に探検しました。そこで、次の活動の行動範囲を聞いたり、木の幹に擬態している虫を見つけたりしました。
P7310296.jpg


その後、各班ごとに別れ、それぞれ言われたアルファベットが書かれている箱を見つけて、そこに入っている指令に従って森の生き物に触れました。
P7310317.jpg
P7310655.jpg



3時頃に、みんな集合して川に行きバーベキューの準備として、川辺の石でかまどを作りました。
P7310754_k.jpg


かまどの形が出来上がったら、火のつけ方を教わり、かまどの中に薪と木の枝と新聞紙を入れて火をつけました。
P7310877.jpg


火が付いたら、鉄板をかまどに乗せて、バーベキューをしました。肉や野菜を焼きました。とてもおいしかったです。
P7310879.jpg


バーべキューの片づけが終わった後、1時間ほど休憩した後、バーベキューをした会場で、キャンプファイヤーをやりました。
P8310900.jpg


そして、昼間やったものと同じような形式で、今度は夜の生き物の観察をしました。そこでは、先生方が様々なトラップを張ってくれていました。
P8310914.jpg


その後、歯磨きをしたり、持ってきたゲームをしたりして、各々睡眠をとりました。
朝、それぞれ起きて7時半ごろに、朝ご飯を川辺で食べました。朝ご飯を食べ終わった後にみんなで記念撮影をしました。そして、最後に先生方から話を聞き解散しました。

夜暑くてよく眠れませんでしたが、バーベキューなどが楽しかったです。

※本ブログは、すーふに通っているバオバブの樹のブログ記者(現在高校1年生)が書きました。
スポンサーサイト
20 : 57 : 05 | 親子イベント | page top
夏の親子イベント打ち合わせ
2017 / 04 / 03 ( Mon )
4月3日に夏の親子イベント打ち合わせを行いました。
P4030312.jpg

講師として西海太介さんにお越しいただきました。西海さんは山の危険生物である蜂や蛇などを対策するセミナーの代表役です。

予定としては野外で自然体験教室を開く予定です。

西海さんから様々な話を聞いた中で特に自分たちでかまどを作り、火を起こすという話に興味を持ちました。

※本ブログは、すーふに通っているバオバブの樹のブログ記者(現在高校1年生)が書きました。
19 : 19 : 50 | 親子イベント | page top
夏のイベント 理科であそぼう!
2016 / 09 / 20 ( Tue )
7/31(日)茅ヶ崎青少年会館でバオバブ親子イベントを開催しました。

今回は、理科で遊ぼう!です。理科の楽しさを知ってもらいたい、と茅ヶ崎セフティコミュニティアマチュア無線クラブの方たち3名がいらしてくださり、いろいろな電池を披露してくれました。
591.jpg


最初は、理系の大学生のお兄さんがクイズ形式で電気について教えてくれました。
さまざまな電池を説明してくれ、電気が流れるかどうかみんな予測をしました。
P7310591.jpg


その後、茅ヶ崎セフティコミュニティアマチュア無線クラブの方が用意してくれた4種類の電池のブースに行って、自分たちの予測が正しいか確認しました。電気が流れると、オルゴールがなります。
P7310606.jpg


1 空気のボルタの電池→水道水のボルタの電池
何も液体を入れない、空気のボルタの電池です。電気は流れません。その後、水道水を入れたら電気が流れました。電圧計で計ったら、0.86Vでした。
P7310442.jpg
P7310628.jpg


2 レモン電池
レモンに銅板をさして、アルミカップに入れました。電気が流れ、オルゴールがなりました。電圧計は、4種類の中で一番大きい2.60Vでした。
P7310627.jpg
P7310508.jpg


3 塩水の木炭電池
ネジをさした備長炭を塩水に浸したキッチンペーパーで巻き、アルミ箔で巻きました。電気が流れました。電圧計は1.11Vでした。2番目の大きさです。
P7310625.jpg
P7310444.jpg


4 塩水のボルタの電池
塩水を入れたボルタの電池です。電気が流れ、電圧計は0.75Vでした。
P7310626.jpg
2016073114実験前01_ボルタの電池(塩水)


次はペットボトル空気砲です。
P7310677.jpg

ペットボトルと風船を切って合体させて・・・テープで貼って出来上がりです。
P7310660.jpg

弾はスポンジです。自分で作ったペットボトル空気砲で、いろいろな的にスポンジを当てて遊びました。
20160731ペットボトル空気砲


今日の感想を尋ねると、「楽しかった!」という声が圧倒的に多く、「金属が入っているところに水を入れると電気が流れるなんて知らなかったから驚いた。」という声もありました。
P7310612.jpg


電気の説明をしてくれた、理系の大学生のお兄さんにも感想を聞いてみました。「今日はこどものみんながよく話を聞いてくれたので順調に話を進めることができました。電気のセットも分かりやすく出来ていて楽しく実験ができたと思います。
みなさんありがとうございました。」
P7310436.jpg


本当に楽しく実験できました。ありがとうございました!夏休みの楽しい一時でした。

13 : 49 : 18 | 親子イベント | page top
バオバブ クリスマスイベント
2015 / 12 / 25 ( Fri )
今回は茅ヶ崎地区コミュニティセンターでクリスマスイベント「楽しく体を動かそう」を行いました。
20151213PC130006.jpg

今回の講師は、ダンサーや役者として活躍しているChio先生、小俣一生先生、重清もも子先生の3名です。
20151213PC130175.jpg

☆Chio先生
20151213PC130041.jpg
東京スクールオブミュージック専門学校卒業。ダンサー、振付師、「KPDS」インストラクターとして活躍中。サザンオールスターズのバックダンサーとして、ライブツアー2015「おいしい葡萄の旅」にも参加。『天井桟敷の怪人』で白いドレスで妖艶なダンスを披露していたのは、Chio先生です!「KPDS」では、安心感のある分かりやすい教え方で子どもたちにも大人気♪

☆小俣一生先生
20151213PC130036.jpgTVや映画、舞台などでも活躍中。特技は野球と歌、卓球も趣味らしいです!
☆重清もも子先生
20151213PC130033.jpg北海道出身。舞台、ミュージカル、MCを中心に 活動。北海道の大きなdanceの大会「KING DANCE MATHURI」のダンスショーケースに出演。2歳から高校3年生まで所属する劇団に15年いらしたので子どもたちの事がだいすきな先生です♪


最初に、3人でパフォーマンスを披露してくれました。
20151213PC130070.jpg
20151213PC130058.jpg
20151213PC130073.jpg
とても上手で凄かったです。

今日は、三代目J Soul Brothersの「ランニングマン」の振り付けを教えてくれました。
みんなで準備体操をしてから、振り付け練習です。
20151213PC130129.jpg
20151213PC130138.jpg

そして親の前で発表しました。 予想以上の出来でみんな驚いていました。
20151213PC130168.jpg

20151213PC130173.jpg


講師の方にインタビューしました。
■バオバブのこども達と一緒におどって、印象に残ったことはなんですか?
20151213PC130181-c2.jpg
印象に残ったことは、みんな楽しそうに踊ってくれて、私たちも一緒に楽しく踊れてすごくいい思い出になりました。みんな楽しく踊ってもらえて、ありがとうございます。
20151213PC130181-o2.jpg
印象に残ったことは、とにかくみんな本当に元気だなと思って、ダンスしているときにみんな活き活きしてて、本当に僕たち教える側もすごく楽しくできました。ありがとうございます。
20151213PC130181-m2.jpg
みんなとっても自分からうまくなろううまくなろうってすごい楽しんでやってくれたのが私たちもすごい楽しくって、みんなともっとやりたいなってこの1時間がすごいあっという間に感じました。ありがとうございました。
■ダンスを教えるにあたって工夫したことはありますか?あるとしたら、それはなんですか?
20151213PC130181-c2.jpg
工夫したことは、ゆっくり教えることですね。まず、ひとつずつ。ゆっくり右足、左足、ゆっくり、ゆっくりみんなと一緒に練習していって、少しづつ速くして音楽でやるっていう楽しさを体験してもらうってことかな。ゆっくりやるっていうことが工夫したことのひとつだと思います。


次に読み聞かせがありました。2冊の本を読んでくれました。
20151213PC130192.jpg


最後に毎年来てくれているサンタさんが来てくれました。
20151213PC130197.jpg
20151213PC130204.jpg子サンタさんもいました。

サンタさんたちは、こどもたちにプレゼントを配ってくれました。こどもたちは、大満足でした。
ダンスが苦手なこどもたちも楽しみながら踊れて、素敵なクリスマス会になりました。



12 : 40 : 53 | 親子イベント | page top
たねさんイベント
2015 / 07 / 26 ( Sun )
今日はたねさんイベントです。
P7260048.jpg

講師は陶芸家の我妻珠美さんです。我妻珠美さんがたねさん(陶のオブジェ)を用意してくれました。こどもたちは、思い思いの顔を書いて自分だけのたねさんを作ります。
たねさん最初


たねさんの家族や友だちや仲間も作れるように、バオバブの樹のママスタッフたちが作った、紙粘土たねさんもいっぱい用意してありました。
P7260025d.jpg


バオバブの樹のイベントは、こどもたちが楽しくイベントに参加できるように、こども一人につきサポートスタッフが基本的に一人つきます。サポートスタッフは、中学生、高校生、大学生などの学生さんや、言語聴覚士を目指している学生さんがボランティアで協力してくれました。
作業風景


最初にガチャを引きました。 ガチャの中身はたねさんです。ガチャは、小さい子から引き始めました。幼稚園の年少さんから順番に引いて、中学生まで引きました。サポートスタッフも引きました。
P7260005.jpg
P7260028.jpg


その次に、顔を書いてたねさんに命をふきこみます。まず紙に練習して、その後に、紙粘土たねさんに顔を書きます。
P7260121.jpg
P7260128.jpg


そして、いよいよたねさんにも顔を書きます。さまざまなたねさんができ上がりました。
P7260145.jpg
P7260149.jpg

P7260077.jpg
P7260111.jpg

たねさんず

たくさんのたねさん


昼食後は、ブランコや滑り台、家など、たねさんで遊ぶものを作りました。
そこで再びガチャ登場!今度はたねさんではなく、たねさんにかぶせるものや、作った家に飾ったりする装飾品が入っていました。
P7260178.jpg
P7260249.jpg


みんな工夫を凝らして、バラエティーにあふれる作品が出来上がりました。
P7260172.jpg
P7260302.jpg

image1_shitane.jpg
P7260214.jpg

P7260239.jpg
遊んでいるたねさん

P7260309.jpg
P7260254.jpg


粘土コーナーもありました。そこではたねさんの元となる粘土をこねてたねさんの形を作ります。中に空気が入っていると、焼くときに割れてしまうので、空気が入らないように気をつけなければいけません。
粘土まとめ
たねさんは、「上耐熱土」という土鍋で使われているのと同じ土でできています。この粘土を100gきっかり切り取って、たねさんの形を作ります。本物のたねさんはここから1週間乾燥させ、窯の温度を1230度まで上げて16時間焼いて作っているそうです。水分が残っていると、焼いている間に水蒸気爆発を起こしてしまうそうで、厚みのあるたねさんをしっかり乾燥させるのは大変です。
今回は窯で焼くところまではできませんでしたが、焼くと2割くらい縮むそうで、粘土のたねさんは焼いて出来上がったたねさんより少し大きかったです。

最後はたねさんの撮影会です。たねさん大集合!
P7260329.jpg


19 : 39 : 08 | 親子イベント | page top
| ホーム | 次のページ>>